スポンサーリンク

母子家庭が利用できる貸付金(母子父子寡婦福祉資金貸付金)

母子父子寡婦福祉資金貸付金

母子家庭が利用する事のできる貸付金制度は、各自治体ごとにさまざまな種類のものが用意されています。

こうした貸付金制度は、《母子父子寡婦福祉資金貸付金》と呼ばれ、全国各地の自治体が窓口となって行われています。

母子父子寡婦福祉資金貸付金の種類

母子父子寡婦福祉資金貸付金には、さまざまな種類の貸付金が用意されています。

修学資金

高校、大学、専門学校などに修学するために必要となる授業料などの資金

就学支度資金

高校、大学、専門学校などに入学するために必要となる授業料などの資金

修業資金

事業開始または就職のために必要な知識や技能を修得するために必要な資金

技能習得資金

生計安定を目的として、必要な知識や技能を習得するために必要な資金

生活資金

次に挙げる期間中の生活の安定をはかるために必要な資金

  • 技能や知識を習得する間
  • 医療や介護を受けている間
  • ひとり親家庭になって間もない間(7年未満)
  • 失業中

医療介護資金

医療や介護を受けるために必要な資金(医療および介護を受ける期間は1年未満に限られる)

住宅資金

住宅を建設・購入・補修・保全・改築・増築等するために必要な資金

転宅資金

住居を移転するために必要な資金

就職支度資金

就職するために必要な被服等の資金

事業開始資金

事業を開始するのに必要な設備・機会・材料等の購入資金

事業継続資金

現在営んでいる事業の継続のために必要な資材等購入資金

結婚資金

結婚するために必要な挙式披露宴等の経費および家具等購入資金

貸付金の種類によっては限度額、据置期間、償還期間が異なります。

住宅資金で住宅購入が可能

母子家庭でも、この母子不意福祉資金貸付金を利用して、住宅を購入する事が可能になります。
住宅ローンを組む事や頭金などで悩んでいる母子家庭にとって、この制度を利用できるという事はとても大きな意味を持ちます。

母子父子福祉資金貸付金の制度の中にある《住宅資金》を利用すれば、頭金くらいにはなりますし、銀行で組む住宅ローンが少なくて済むようになります。

住宅資金の詳細

母子父子福祉資金貸付金の中の住宅資金についての詳細はこのようになっています。

貸付対象者

(ひとり親家庭の)父・母・寡婦

限度額

1,500,000円(特別な場合は2,000,000円)

据置期間

6ヶ月

償還期間

6年(特別な場合は7年)

据置期間とは、貸付終了から償還期間開始までの期間を指します。
わかりやすく言えば「返済開始までの猶予期間」の事で、借り入れが終了したのが12月なら、返済開始は翌年の6月からとなり、この6ヶ月間の期間を据置期間という事ができます)

スポンサーリンク